仕事で、上司からパワーポイントやエクセルで資料作成を頼まれた時。

あなたは、すぐに作り始めていませんか?

すぐに作り始める人は要注意です。

作った後に、そんなはずじゃなかったという可能性があります。

そうならないように、次の2点を心がけておきましょう。

①資料に着手する前に手書きの紙で、上司とイメージをすり合わせる

②資料は100点ではなく、60点の状態で上司に提出する

順番に見ていきましょう。

まず①は、とても重要なことです。

紙で、完成形の資料のイメージ合わせをするのです。

手書きでもホワイトボードでも構いません。

とにかく、上司がほしい資料のイメージを捉えておくのです。

こうすることで、全部作り直しという最悪のリスクを回避することができます。

②ですが、これはひとりで抱え込んで100点の資料を作ろうとすると、時間ばかりかかってしまいます。

①のイメージのものがある程度できれば、さくっと上司に見てもらい、微調整するほうが早く仕上がります。

上記2点を心掛けることで、やり直しというつまらない仕事を回避することができ、ストレスも減ります。

生産性向上のベースとなる基本的な考え方ですので、押さえておきましょう。